Placeholder image

Fenix SG Q & A

新発想のスプレータイプ・ペイントプロテクションフィルム
「Fenix Scratch Guard」についての疑問にお答えします。

Q&A 「Fenix Scratch Guard」についての疑問にお答えします。

車のボディー以外にも施工可能ですか?
ヘッドライト、テールレンズ、ラバー、ガラス等塗料面以外は施工可能です。メッキ、カーボンパーツには施工できます。
他社の類似商品との違いは何ですか?
30μ〜200μの膜厚間で用途によって自由に膜厚を変えることができるプロ用スプレープロテクションフィルムです。
また従来の剥がせる塗料や、従来の貼りつけるタイプのプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でも研磨作業が可能になり、長期間に亘り高性能の塗膜を維持できます。
プロテクション能力はもちろんのこと、新車以上の光沢感を発揮し、新車のようなクリヤーの肌感を実現できます。
一回の塗装で130μ 以上の膜厚を保持することが可能な為、要望によっては鏡面仕上げも短時間で施工できます。
変色や、退色はありますか?
FENIX Scratch Guard は塗料検査機関にて世界的な自動車塗料の基準を満たしている商品になりますので、特別変色や、退色等の変化がみられることはありません。
自分で塗ることできますか?
Fenix Scratch Guardの技術認定に合格した技術者のみが施工できるプロ用スプレープロテクションフィルム(ガン塗り塗装)になります。
お車に施工を依頼したい場合は下記のURLより、お近くの認定プロショップをこちらから検索しお問い合わせください。http://www.fenix-sg.jp/shop.html
保証期間はどれくらいありますか?
1ヶ年毎の定期メンテナンスを指定期間内に受けた車両につきましては、施工保証期間は2年になります。
商品の耐久年数は8年です。
Fenix Scratch Guardを塗ったとこだけ目立ったりしませんか?
Fenix Scratch Guardはスプレー式プロテクションフィルムのため細部までプロテクトでき、オリジナルのクリア感にかなり近い商品のため塗ってあるかどうか疑ってしまうほどの質感です。 貼るタイプのプロテクションフィルムと比較すると差は歴然です。
飛び石傷はつきますか?実際飛び石に当たった場合はどのようになるのでしょうか?
飛び石傷はつきにくいですが、万が一塗装がかけた場合は傷の深さによって適切な方法で補修が可能です。
その際はFenix Scratch Guard認定施工店にご連絡ください。
施工車が事故などで鈑金塗装の修理が必要になった場合は、自動車補修は可能でしょうか?
はい、可能です。
その際はFenix Scratch Guard認定施工店にご連絡ください。
洗車時に剥離する可能性はありますか?
通常の洗車で剥がれることは、まずありません。
WAXまたはガラスコーティング等は施工可能でしょうか?
はい、可能です。
詳しくはFenix Scratch Guard認定施工店に御相談ください。
予算はどのくらいかかりますか?
お客様のお車の車種や、施工するパーツ、範囲によって細かく料金設定しておりますので、下記のURLからお近くの認定プロショップにお問い合わせください。
http://www.fenix-sg.jp/shop.html
バンパーやボンネット、ホイールにもフィルム一枚で施工できますか?
Fenix Scratch Guardは貼るタイプのプロテクションフィルムとは異なり、塗るタイプのスプレー式プロテクションフィルムのため一枚と言う表現ではないですが『継ぎ目がなく、細部までプロテクト可能』になります。貼るタイプでは施工できなかった複雑な形状や、細かな部分にも施工可能です。